エッチのお悩み

ピルを飲むと性欲がなくなるってホント?原因や濡れない時の対策は?

pill

女性は生理がある間は、ずっと女性ホルモンによって体調を支配されています。

ホルモンバランスを一定に保って生理に関わる症状を軽くして、更に非常に高い避妊効果があるのがピル(経口避妊薬)です。

女性にとってメリットが多いピルですが、実は飲み始めてから性欲がなくなった!という人が多いんですね。

ピルを飲んでから性欲がなくなって、濡れないし痛いし…セックスが苦痛!と密かに悩んでいる女性もいるでしょう。

そこで今回はピルを飲むと性欲がなくなる原因や、濡れない時の対策などについて詳しくご紹介していきます。

ピルを飲んでから性欲がなくなった理由とは?

ピルを飲んだら避妊もできるし、これでパートナーと思いっきり…と思いきや。

なんだか性欲が湧かなくて、不思議に思っている人も多いのではないでしょうか?

ピルは毎日決まった時間にごく少量の女性ホルモンを取り入れるので、ホルモンバランスが乱れることがないのです。

しかし一方で少しの女性ホルモンしか取り入れないため、男性ホルモンの数値が下がってしまいます。

男性ホルモンといえばやる気や性欲を高める作用があるので、ピルによって抑えられると性欲は下がってしまうんですね。

ホルモンバランスが整うというメリットばかりが取り上げられがちですが、実はホルモン量が少ない原因で性欲が下がるデメリットもあるのです。

ただピルの副作用に関しては個人差が大きいので、飲んだから必ず性欲が無くなるとは限りません。

ピルを飲んで性欲が減退した時の対策はあるの?

pillseiyoku
ピルを飲んで性欲がすっかり減ってしまうと、せっかく避妊効果を得られているのに楽しめないですよね。

ピルの影響をなるべく受けないために、どんな対策をすれば良いのでしょうか。

無理をして続けるのではなく、何か不安を感じたらすぐに対策したいですよね。

具体的にどんな対策を考えれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

過度に不安になり過ぎない

ピルの影響で性欲が減ったことを気にし過ぎると、セックスの時も「濡れなかったらどうしよう…」「盛り上がらなくて嫌われたらどうしよう…」と不安になってしまいます。

実は女性の性欲はメンタルに影響されやすく、不安が強いとセックスを楽しめなくなってしまうのです。

ピルの副作用は必ず出るわけではないので、あまり過度に不安にならないことが大切なんですね。

警戒しすぎないでリラックスできるように、パートナーにしっかり触れてもらいましょう。

ピルの種類を変えてもらう

ピルは複数の種類があり、少しずつ体質との相性が異なる特徴があります。

もし飲み始めたピルで性欲がなくなってしまって困っていたら、思い切って種類を変えるのも手です。

変えるときは医師に副作用が辛いことを話して、性欲に影響を与えにくい種類を選んでもらいましょう。

避妊効果も持続したいのであれば1シートを終えて休薬期間が終わったら、そのまま新しい薬に変えるとスムーズです。

ローションをうまく利用する

性欲がなくなると体がセックスするモードに変化しにくくなり、濡れにくい状態になります。

濡れにくいと挿入された時に痛みも感じやすく、余計にセックスが苦痛になってしまいますよね。

そんなときは挿入をスムーズにして愛撫をより気持ち良いものにするために、ローションを活用しましょう。

ローションは温感タイプなどもあるので、お互いに触れ合うだけでも良いですね。

ピルが体に慣れてくるまでは、ローションをうまく使うのも対策としては効果的です。

ピルを飲んでいる間はずっと性欲が少なくなる?

seiyoku
良かれと思ってピルを飲み始めたのに、まさか性欲がなくなるなんて…とショックを受けている人も多いですよね。

ピルを飲んでいる限り、ずっと性欲が戻ることはないのでしょうか?

実は女性ホルモンは28日周期で入れ替わるため、ピルは1〜3シート飲み続けていればホルモンバランスが整ってきます。

ピルの副作用のほとんどは飲み始めの3ヶ月間のうちに落ち着くことが多く、性欲の減退もじきに落ち着いてくるのです。

始めの1ヶ月間が最も副作用を感じやすく、飲み続けるごとに体調や心身の不安定さはおさまってきます。

飲み続けている間ずっと性欲がなくなるということはないので、安心してくださいね。

体に慣れてきたら飲んでいない時と同じように性生活を楽しめるようになるので、今だけだと思って乗り切りましょう。

ピルの中には性欲に影響を与えにくいものもある!

ピルは性欲が減るというのが通説になっていますが、実は性欲に影響を与えにくい種類もあります。

ピルを飲むと排卵を一時的にストップさせるので、男性ホルモンの分泌も抑えて性欲が下がるのです。

しかし種類によっては男性ホルモンに影響を与えないものもあるので、性欲がなくなるのがどうしても嫌な場合は医師に相談しましょう。

またピルを正しく飲むと100%に近い確率で避妊ができるため、妊娠するかもしれないという不安から解放されます。

セックスと妊娠という切っても切り離せない問題が解消されるので、思いっきり楽しめるケースもあるのです。

この場合は性欲が逆に高まって、より楽しい性生活を送れるようになります。

ホルモンの問題なので性欲減退はどうにもならない問題ではありますが、ある程度は気の持ちようでカバーできることもあるんですね。

ピルを飲むときは性欲への影響をパートナーにも話して!

ピルは女性主導でおこなう避妊法なのですが、服用する時には必ずパートナーにも伝えておきましょう。

単にピルを飲むと伝えるだけではなく、ピルを飲むことで性欲に影響することなども話します。

また性欲が減退するのはずっとではなく、3ヶ月をめどに元に戻っていくことも伝えてください。

パートナーがピルの副作用や効果などに詳しくなれば誤解もなくなり、性欲が無い中で無理にセックスしなければならないこともなくなります。

お互いに楽しい気持ちでしないと、セックスは盛り上がらず気持ち良くもなれません。

ピルをうまく使って避妊し、性欲減退の副作用がなくなるまで様子を見ながらパートナーに配慮してもらいましょう。

まとめ

ピルを飲むと性欲がなくなる原因や、濡れない時の対策などについて詳しくご紹介してきました。

ピルを飲むと女性ホルモンを少量取り込みホルモンバランスが整うかわりに、男性ホルモンの分泌も抑えてしまいます。

そのせいで性欲が減ってしまうのですが、不安になり過ぎないようにしたりピルの種類を変えたり対策しましょう。

またローションを使って挿入された時の痛みを抑えたり、パートナーにピルについて知ってもらったりすることが大切です。

ピルの副作用のひとつである性欲減退は、飲み始めから3ヶ月程度で自然とおさまってきます。

様子を見ながらパートナーにも気遣ってもらい、より楽しい性生活を送りたいですね。

PB00000031-banner

独占特集使用バナー