漫画

【ショタおね漫画】少年の放課後 – 小学生の少年と女子校生のショタ×おね

houkago

図々しく家に頻繁に転がり込んでくる姉の友人jkと、大きい通学かばんを背負う年齢の少年のショタおねです。

主人公の優(ゆう)が麻里(まり)の蒸れたアソコの匂いに誘われ、我慢できずについ無理矢理気味に最後までしてしまうお話です。

優はからかった態度を取ってくる麻理・・・彼女が苦手だった。

消しゴムがない。プチハプニングをきっかけに彼女との関係が変わってゆく。

続きを読む

苦手

僕はこの人が苦手だ・・・。

「お邪魔しま・・・あーっバニラ最後の一本じゃないよね!?」

「あっ麻里待って、ちゃんと手を・・・」

「洗うんでしょわかってるって~」

満点

「ほぼ満点じゃん、母さん喜んでたよ」

「・・・うん」

「えーバニラ無いのぉ?」

「え、普通人んちの冷蔵庫勝手に開ける~?」

「3日前まであったのにな~」

「何チェックしてんのよ、怖い・・・」

「おっ!」

続きを読む

バニラ

「優くん、帰ってたんだ?」

「いや待って、それカップじゃん。最低6本入りのやつにして!?」

「学校終わってソッコー机?うっそ、ボッ・・・一匹狼」

「下手なフォローやめてあげて」

「うち漫画もゲームも禁止でさ」

「うわ友達の話についていけない系?」

「かわいそー!」

・・・うざ

麻里

「返して。」

「え、なに即疑うじゃん」

「麻里さんしかいないでしょ」

「いや知らんし・・・」

「はーっ・・・」

「やっぱ無いじゃん、はやく返してよ・・・」

「じゃあこっち探してみてよ」

出ない

「出ない」

セックス

「それあんがた言うわけ・・・?」

「こっちのセリ・・・」

「フ・・・ぅう」

「あんたマジで絶対・・・っ」

「チクるからね・・・っ」

 

続きを読む