スペンス乳腺

胸のGスポット!スペンス乳腺尾部の責め方とは?

spensu

あらゆるセックスのテクニックで、意外とスルーされがちなのが胸の責め方。

たしかに盛り上がってくると、すぐ挿れたい!となってしまうので…よほどのマニアでないとすぐ下半身に意識が集中してしまうんですよね。

でも下半身にGスポットがあるように、実は胸にもGスポットがあるんです!

それが「スペンス乳腺尾部」という部位なんですが…聞いたことありますか?

きっと女性でも、自分のことなのに知らないという人がほとんどだと思いますよ!

今回は普段なかなか光が当たらない部分である胸のGスポットと呼ばれる、スペンス乳腺尾部の責め方について詳しくご紹介していきます。

スペンス乳腺尾部ってどういう部位なの?

スペンス乳腺尾部なんて初めて聞いた!という人も多いのでは?

なんと言っても当の女性も存在自体を知らないことが多く、ほとんどが眠っている状態…といっても過言ではありません。

スペンス乳腺尾部は脇の下から横乳にかけてにたくさん集まっていて、開発していくごとに気持ち良くなるのが特徴です。

女性がどんな胸の大きさでも、誰でも等しく平等にスペンス乳腺尾部は存在します。

だからおっぱいの大きさにコンプレックスを持っている女性にも、胸で最大限感じてもらいやすいのです。

これがスペンス乳腺尾部を「胸のGスポット」と呼ぶ所以なのですね。

最初は手っ取り早く感じさせるために乳首の愛撫は欠かせませんが、少しずつスペンス乳腺尾部は刺激していきましょう。

そのうち乳首よりもスペンス乳腺尾部を責めた方が、圧倒的に女性はイキやすくなるのです。

胸で感じさせるためには、乳首でしょ!という固定概念を持つ時代は終わったということですね。

乳首にこだわりすぎると、スペンス乳腺尾部を見逃してしまうので要注意ですよ!

スペンス乳腺尾部を愛撫された時の反応の段階

https://love-ec.com/spense_goods/
スペンス乳腺尾部を愛撫されたら…女性はどんな反応をするのか気になりますよね。

実は普段なかなか開発の機会がない部分なので、どれだけ開発されているかによって反応が異なるのです。

スペンス乳腺尾部を愛撫した時の女性の反応は、全部で3段階!

どんな反応なのか…開発する際のポイントなどと一緒に詳しく見ていきましょう。

くすぐったくて笑ってしまう

まだ触られ慣れていない女性は、もしかしたらくすぐったくて笑ってしまうかもしれません。

これはまだまだ開発されていない証拠なので、とにかく刺激を与える回数を増やすことが大切です。

あまりに爆笑されてしまうと場の雰囲気が崩れてしまいやすいですが、めげずに優しく触れていきましょう。

少しずつ緊張をほぐしながらマッサージしていくと、だんだんと気持ち良いと感じてくれるはずです。

あまりにくすぐったい、痛いなどという場合は無理をせず…ゆっくり緊張をほぐしてあげてくださいね。

くすぐったく気持ち良くもある

全く開発していないわけではないけれど、まだまだ開発不足だとくすぐったくもあり気持ち良くもあり…。

たしかにスペンス乳腺尾部は性感帯なので、触れていけば間違いなく気持ち良い比率が高まってきます。

女性の反応や表情を見ながら、根気よく丁寧に開発を続けていきましょう。

男性としてはスペンス乳腺尾部という未知の性感帯を開発していく過程も、反応を見ながら楽しめますよね。

目立った性感帯ではないので開発するのは難易度が高いですが、気持ち良くなってきたなと感じたら非常に達成感があります。

快感が強まってくると挿入時もキツく締まって気持ち良くなるので、今はくすぐったくても将来的なことを考えて少しずつ開発していってくださいね。

気持ち良過ぎてもうダメ!

スペンス乳腺尾部の開発が進むと、女性はかなりの快感を得て反応がかなり良くなります。

胸のGスポットというくらいですからね、スペンス乳腺尾部を愛撫するたびにかなり感じてくれますよ!

最初は開発されていなくてくすぐったがっていたのに、今ではこんなに…と思うと興奮しますよね!

スペンス乳腺尾部で毎回快感でおかしくなるくらいになるよう、頑張って開発していきましょう。

スペンス乳腺尾部の正しい責め方をレクチャー!

lecture
スペンス乳腺尾部を開発したいんだけど、正しい責め方がわからないという人は多いのでは?

実は順を追って開発していけば、確実に女性は気持ち良くなってくれます!

どんな風に愛撫していけば良いのか、責め方のポイントについてみていきましょう。

まずは乳首にロックオン!

スペンス乳腺尾部を開発したいからと、いきなりその部分に手を伸ばしてもうまくいきません。

胸は脂肪という厚い壁に守られているので、乳首以外は刺激を感じにくいのです。

まず気分を高めてもらうためにも、胸に神経を集中してもらうためにも乳首にロックオンします。

乳首は強く刺激すると痛がってしまう女性が多いので、優しく舐めたり指で転がしたりしましょう。

乳首への刺激は反応がわかりやすいので、性感帯を開発するために盛り上げるにはピッタリです。

脇と横乳を念入りにマッサージ

スペンス乳腺尾部の場所は脇と横乳の間でしたよね、まずは場所をしっかり確認しましょう。

四つん這いになってもらって、胸が重力に負けて下がった時がチャンスです。

脂肪という壁が薄まるので、念入りにマッサージしましょう。

マッサージする時にはローションを使うと、より気持ち良くなってもらえます。

マッサージは優しく、胸を中心に寄せるイメージで撫でるように触りましょう。

胸全体をとにかく舐めまくれ!

手でマッサージをして気持ち良さそうな表情になってきたことを確認したら、今度は手ではなくて舌を使います。

手よりも舌の方が圧倒的に気持ち良くなってくれるので、スペンス乳腺尾部から乳首の周りに向けて這わせていきましょう。

この時注意したいのが、スペンス乳腺尾部を愛撫し始めたら乳首はもう触らない!という点です。

乳首は刺激が強いので、スペンス乳腺尾部で感じにくくなってしまうんですね。

あくまでスペンス乳腺尾部のみに集中しながら、乳首を避けて胸全体を舐めまくる感じです。

大きく舐める、舌先を小刻みに動かすなど変化をつけて舐めていくと…気がつくと女性もあまりの快感に挿入していないのにイってしまいそうになってしまいます。

挿入しながらも胸を責めよう!

舌での刺激を充分におこなったら、今度は挿入しながら胸を責めていきましょう。

既に胸への愛撫で感じやすくなっているので、挿入した時の感じが全然違う!と思う人も多いです。

挿入している時は舐めたり触ったりしながら、スペンス乳腺尾部で感じてもらえるように刺激してください。

前戯の時点ではあまり反応がなかった女性も、挿入してからはだんだんと感じやすくなっているはずです。

挿入中はスペンス乳腺尾部が気になるのはわかりますが、挿入に集中しつつもいろんな部分に刺激を与えていきましょう。

女性は全身に電気が走ったような快感がくるので、反応ですぐ開発されたかどうかがわかりますよ。

まとめ

普段なかなか光が当たらない部分である胸のGスポットと呼ばれる、スペンス乳腺尾部の責め方について詳しくご紹介してきました。

胸のGスポットなんて初めて聞いたという人は男女問わず多いと思いますが、開発していけばかなりの快感を与えられます。

スペンス乳腺尾部の正しい責め方は最初から刺激をするのではなく、徐々に舐めたりマッサージしたりして開発していきましょう。

最初はくすぐったいと感じていた女性が慣れてきたら強い快感を得ている姿、ぜひスペンス乳腺尾部の刺激で叶えてくださいね!

楽しみながら、女性の体を第一に考えて無理せず開発していくのがお勧めです。

PB00000031-banner

独占特集使用バナー