スペンス乳腺

おっぱいでイクと気持ち良い?胸イキする方法と注意点は?

oppaiiku

女性でも意外と知らない性感帯が「おっぱい」にあります。Gスポットやクリトリスでないとイケないと思っている女性も多いのではないでしょうか。

おっぱいは実は“第二のクリトリス”と呼ばれる場所にもなり、敏感な性感帯でもあります。

おっぱいでイクにはどうしたらいいのか?ちょっと気になっている女性もいると思います。

おっぱいを刺激するやりかたやポイントも含め解説していきたいと思います。

おっぱいでイクためにはGスポットに注目

gspot

おっぱいにはGスポットと呼ばれる場所があります。おっぱいでそこまで感じるなんて、なかには信じられない!と思っている人もいるかもしれません。

正しいやり方さえ知っていればおっぱいだけでも十分に気持ちよくなれます。

おっぱいの大きさは関係ないので「おっぱいが小さいと感じないのでは?」と落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

特に乳首周辺や乳房全体でも感じるスポットはたくさんあり、「スペンス乳腺」を刺激すると嘘のような“胸イキ”が実現できちゃいます。

セックスのときはもちろん、女性がオナニーをするときにおっぱいを刺激するだけでも快感の幅が広がるはずです。

スペンス乳腺とは?おっぱいを刺激するポイント

sigeki

スペンス乳腺は胸と脇の下のちょうど境界線の部分にあります。

セックスのときに、男性からおっぱいを揉まれて気持ちがいいと感じたことはありませんか?知らず知らずのうちにスペンス乳腺を刺激していたなんてこともあります。

なかには脇が近いこともあり、ちょっとくすぐったいかも…と感じていた女性もいると思います。

スペンス乳腺を刺激するとどうして気持ちがいいのかというと通っている「リンパ管」が多いことに理由があります。

毎日刺激すると血行が良くなり感じやすくなります。

またスペンス乳腺を刺激すると気持ち良いだけでなく、バストの大きさが整うなどのメリットもありますし、自然と光沢感のあるバストが手に入ります。

ただし強く刺激したからといっておっぱいでもイキやすくなるわけではありません。なかには強く刺激しすぎてしまうと痛みを感じることもあります。

触れたときに適度な気持ちよさを感じられるように優しく丁寧にマッサージしてあげてください。

 おっぱいを刺激するとくすぐったいときの解消法

そもそもおっぱいは脂肪が多いので、Gスポットやクリトリス、乳首などダイレクトに刺激するよりも感じにくい特徴があります。

胸と脇の間は脂肪が少なく、筋肉が表面に出ています。筋肉には刺激が通っているので刺激を受けると敏感に感じます。

揉まれているうちに緩やかに気持ち良さを感じること、いつまでも触ってほしくなるような優しい気持ちよさがあります。

しかし、いきなりおっぱいを刺激したからといってイクわけではなく、まずはじっくりと時間をかけて開発していく必要があります。

最初はくすぐったいと感じていたものがいつの間にかおっぱいだけでオーガニズムを感じるようになります。

もしどうしてもくすぐったいと感じるのであれば、電気を消してみたりちょっとエッチな雰囲気を演出するだけでも感度が高くなるはずですよ。

おっぱいでイクためのコツは?

また、スペンス乳腺を触るときに指を細かく動かしてしまうとくすぐったく感じやすくなります。

もし開発したいと思っているのであれば、手を大きく動かすことを意識することで改善できる場合もあります。

そもそも性感帯は誰でも気持ちよく感じる場所ではありません。他の女性が気持ちいいと感じる場所でもくすぐったかったり、何も感じない女性もいます。

今までのセックスやオナニー経験で“未開発”だと思うような気もち良さは感じられません。

男性の中にも、女性がおっぱいでイケることを知らない人が多く積極的に攻めることなく終わってしまっていることもあります。

意識的に開発しないと、おっぱいがいくら性感帯でもイケなくなってしまいます。

おっぱいでイクときの注意点

oppaideiku

おっぱいを刺激するというとすぐに乳首を触ろうとしてしまう女性もいます。ただ、本当に性感帯を開発したいと思っているのであれば乳首は触らずに、スペンス乳腺のみを刺激するようにしてください。

乳首は強力な性感帯なので刺激が強すぎてしまい、スペンス乳腺の気持ちよさが感じられなくなってしまいます。

スペンス乳腺を刺激してからいざイクときのタイミングで乳首を刺激するのがポイントです。

またおっぱいを使ってイキたい女性のなかで、スペンス乳腺だと感度がわからない…のであれば乳首を使ってイクのもありだと思います。

乳首はGスポットやクリトリスと違って、時間をかけてイケるかイケないかわからなくなるようなじんわりとした快感があり、なかには「まさかイクとは思わなかった」と話す女性もいます。

前身を駆け巡るような驚きの快感が実感できるはずですよ。

まとめ

おっぱいだけでイクなんて考えられないと思っている女性も多いと思います。

スペンス乳腺や乳首を刺激すると、今まで感じたことのないような気持ちよさが体験できるかも。まずは性感帯を開発することから始めてみてはいかがでしょうか。

PB00000031-banner

独占特集使用バナー