ボーイズラブ

【イクメンキラー 】イクメンノンケパパ、悪い保父に目を付けられSEX調教&快楽漬けで堕とされる

イクメンキラー

内容

息子の保育園の送り迎えをするイクメンの照(てる)は、人知れず悩みを抱えていた。

キャリアウーマンの嫁、そしてうだつの上がらない小説家の自分―――。

まるで、世間から自分だけ取り残されているような孤独感。

そんな不安を見透かしたように、言葉巧みに優しい言葉をかけてくれる保夫の宇佐美(うさみ)に安心感を覚える照。

それが、罠だとも知らずに―――。

「あなたみたいな隙だらけの方が大好物なんですよぉ」

男を知らない照の処女穴に、容赦なく欲望を突き上げ蹂躙する宇佐美。

「やめっ…おれには家族が…!」

「さんざん慣らしましたから、私を受け入れる形になっていますよ」

「我慢しなくても大丈夫です。私のペニスは男性の喜ぶツボを心得ていますからね」

繰り返し、身も心も蹂躙され絶え間なく快楽を与えられる。

抵抗を試みるも、身体に容赦なく刻まれる快楽にとうとう照は―――!?

続きを読む

イクメンキラー

息子の保育園の送り迎えをする、イクメンパパの照。

仕事の悩みを保父に見透かされ、優しい言葉にほだされて・・・

それが罠だとも知らずに・・・。

「宇佐見先生、すいません!また遅れてしまって・・・。本当は延長料金お支払いしなきゃいいけないのに」

「いえいえ大丈夫ですよ。ゆうと君また明日ね~」

「佐井島さんもお仕事で忙しいでしょうから・・・」

「いつも本当に助かります・・・」

「このまま専業主夫になった方が家族のためにもいいのかなって・・・」

「僕もいい歳だし・・・」

「恵まれた環境なのはわかってるんですが・・・」

「すいません・・・こういう相談ってなかなか周りにも出来なくて・・・」

こんな優しい言葉をかけてもらったのいつぶりだろう・・・

「あ・・・ありがとうございます・・・」

「すみません・・・恥ずかしい所見せてしまって・・・」

何だろう・・・この安心感。俺はずっとこういう言葉が欲しかったんだ・・・

この人なら何でも許してしまいそうになる・・・

イクメンキラー02

抵抗・・・しなきゃ!俺には妻子が・・・

ちんぽを吸われたら、おかしくなるっ・・・!

そんなに太いの、絶対に入らなっ・・・!?

だ、ダメだ・・・・本当にこれ以上は・・・抵抗しなきゃ!

う・・・そんな・・・先っぽだけしつこく刺激したら・・・ッ

続きを読む

イクメンキラー03

一番深いトコロにゴリゴリ当たって、声がでちゃうっっ!

頼む・・・っ!息子には何も聞こえないでくれっ・・・!

「だ・・・ダメです。こんなの抜いてください!」

「おやおや・・・口では拒否してもコッチは締め付けて話しませんよ・・・」

「我慢しなくても大丈夫ですよ。私のペニスは男性の悦ぶツボを心得ていますから・・・」

イクメンキラー04

「滅茶苦茶イッてる・・・!」

「オオ・・・竿全体を締め付けてくる・・・!」

「この間まで処女だったとは思えない・・・ッ。何てスケベな父親なんだっ」

「悪いお父さんだ・・・」

「宇佐見さんッ」

「お・・・大きすぎて俺の口にはもう・・・」

「だ・・・駄目です中はッ。中に射精するのだけは・・・ッ」

いけないことなのに・・・悪いパパですね・・・

続きを読む