男性の攻め方

女性だけじゃない!男性にも存在しているGスポットの見つけ方と攻め方を学べ♡

menspot

性感帯開発をするそもそもの目的って、より刺激的なラブタイムを体験することや、濡れやすい体質になるためですよね。

いつもはセルフで行うマッサージや男性によって開発されている女性の性感帯。

今回は、ちょっぴり視点を変えて、女性が男性を気持ちよくさせるため、男性の性感帯開発を女性がサポートする、とっておきのテクニックをずらりと伝授♡

女性だけではなく、実は男性にも存在する、あのGスポットの見つけ方と攻め方を把握しながら、今までとは違った性感帯開発にフォーカスを当ててみましょう!

男性のGスポットはずばりココ!

Gスポットというと、女性にのみ存在している性感帯と思われていたのですが、実は男性にも存在していて、このパーツを刺激してあげることで、感度が高まり、より刺激的なSEXを体験することができるんです♡

それでは、男性のGスポットがどこに位置しているか、女性のみなさんはじっくりと内容をチェックしてみましょう!

アナルの内部に位置している!

男性のGスポットは、アナルから3㎝くらいの位置にあり、男性のカラダのみに存在している生殖器、前立腺と呼ばれています。

男性特有の性感帯でもある前立腺は、女性の手やラブグッズなどを活用して刺激を与えると、最高のオーガズムを体感できます。

男性の【イク】は、女性のオーガズムと比べると、一瞬しか気持ちよさを感じることができないといわれ、女性の方が長く気持ちよさが残りやすいのも特徴。

ですが、この男性のGスポットで得られるオーガズムは、女性が感じるのと同じくらいの気持ちよさが続き、性感帯開発をはじめる男性が増えているようです。

射精しなくても気持ちよく感じる

男性のイク、オーガズムは、射精があってのことだと、多くの女性が認識していますよね。

実は、男性のGスポットでオーガズムを感じるのは、射精による単純なイクのとは全く違い、Gスポットを刺激して得られる快感のことをいいます。

射精のイクは、一瞬で後に残らない特徴があるのですが、男性のGスポットでオーガズムを感じると、カラダ全体で気持ちよさを感じることができ、射精をしたときのイクよりも、気持ちよさが残りやすくなっているんです。

射精なしのオーガズムのことを、ドライオーガズムといい、たとえばEDの疾患がある男性でも、Gスポットの刺激によってカラダの深い部分から快感を得ることができます。

男性の性感帯開発を女性がサポート♡その方法とは?

女性のGスポットと同じように、男性のGスポットもとても奥が深いんですね。

実は、男性の中には、Gスポットで得られるドライオーガズムの経験がない人も意外に多いようです。

ここでは、男性を満足させられる女性になるため、男性の性感帯開発、Gスポットのドライオーガズムを得られるとっておきのテクニックを身につけていきましょう♡

舌を使ってGスポットを刺激する

男性のGスポットは、お伝えしたようにアナルから3㎝くらい先にある性感帯。

そのため、舌をそのパーツに這わせることは難しく感じるのですが、アナルまわりを舌で刺激するだけでも、Gスポットへの快感を得ることができます。

そのため、決して無理にアナルの内部に舌を入れようとはしないで、会陰と呼ばれている、睾丸とアナルの間のパーツを舌で刺激すると、外側からでもダイレクトにGスポットに刺激を与えることができます。

男性の多くは、もともとアナルのまわりにも敏感な性感帯があり、刺激することでひとつにつながっているGスポットまでも、快感を与えてあげることができるんです♡

指でGスポットを攻める!

女性の性感帯開発にも欠かせないパーツである指は、同じように男性にも深い快感を与えることができます。

指で男性のGスポットを刺激してあげる場合は、人差し指と中指、ときには両方の指を使いながら、「こっちへ来て」と誘うように、指をクイクイッと動かすことがポイント。

男性のGスポットは、女性ほどに濡れていないことが多いため、性感帯開発にマストなアイテム、ローションなどを活用してあげると、より感じやすくなり、何度もドライオーガズムを迎える可能性も高まりますよ♡

PB00000031-banner

独占特集使用バナー