おすすめラブグッズ

感じやすくなる薬の女性用バイアグラ!ラブグラの効果的な使い方は?

viagra

愛する人と楽しくセックスしたいだけなのに…なかなか濡れなくて痛かったり感じにくかったりして、辛い思いをしている人は多いです。

男性は満足な性生活を送れないとき、男性機能を高める「バイアグラ」という薬を使いますよね。

女性も同じような感じやすくなる薬があれば良いのに…と、思わずため息が出る人もいるのではないでしょうか?

実は、感じやすくなる薬の女性用バイアグラは存在するのです。

その中でも今回は「ラブグラ」という薬について、効果的な使い方や副作用などを詳しくご紹介していきます。
ラブグラの公式サイトはこちら

感じやすくなる薬が欲しくなる女性の特徴とは?

kanjiyasui
男性ばかりに焦点が当てられて、多くの女性がセックスに悩んでいることはあまり知られていません。

女性だって、感じやすくなる薬が欲しい!と思う人も多いのです。

では具体的にどんな女性が感じやすくなる薬を欲しているのか、特徴についてみていきましょう。

感じにくくセックスが楽しめない

愛するパートナーに触れられているはずなのに、何故か感じにくい…。

敏感に感じる人が羨ましい、もっと気持ちが高揚するようなセックスがしたいと願っている人も多いですよね。

女性にとってセックスに「気持ち」はとても大切なので、感じにくいというのは深刻な悩みのひとつなのです。

挿れられると痛みを感じやすい

女性のセックスの悩みで多いのが、挿れられると痛いというもの。

挿れられた時に痛みを感じるのは、十分に濡れていない証拠です。

でも雰囲気に飲まれてつい我慢してしまい、感じているフリをしてしまう女性もいます。

気持ちが高揚しないと女性はなかなか濡れてこないので、やはり「感じる」ことが大切なんですね。

体が冷えやすく血行が悪い

女性は体が冷えやすい人が多いですが、多くの場合血行不良が原因です。

膣の周りの血行が良くならないと、感じやすい体質になりにくいでしょう。

刺激に敏感に反応できる体にするためにも、感じやすくなる薬があれば嬉しいですよね。

ラブグラの公式サイトはこちら

感じやすくなる薬「ラブグラ」とは?

lovegra
感じやすくなる薬があったら、もっとセックスライフが楽しめるのに…と日々悩む女性に朗報ですよ!

お勧めなのが「ラブグラ」という男性が服用するバイアグラと同じ有効成分を含む、女性用バイアグラです。

ラブグラを服用する前に、どんな点が感じやすくなる薬なのかを詳しくみていきましょう。

ラブグラの効果とは?

ラブグラの有効成分「シルデナフィル」には、血管を広げて血液の流れを良くする効果があります。

男性がバイアグラを飲むと血流が良くなることで男性機能を回復維持させますが、女性の場合は膣周りの血流を促進させるのです。

血流が良くなると刺激に敏感になり、普段よりも濡れやすくなります。

感じやすくなると濡れやすくなり、挿入された時の痛みも和らぐんですね。

セックスに関する苦痛を取り除いてくれるので、感じやすくなる薬というのは間違っていないと言えるでしょう。

ラブグラの使い方とは?

ラブグラは一般的な薬よりも使い方に気をつけなければならないので、しっかり把握しておきましょう。

まずラブグラは用量に限らず1日1回のみ、最大用量は1日あたり50mgです。

100mg錠のラブグラの場合は半分に割ることで、ちょうど50mgに調節できます。

しかし最初は副作用も心配なので、25mgからスタートして様子を見た方が安心でしょう。

感じやすくなる薬と言っても医薬品なので、慎重に服用することが大切です。

感じやすくなる薬「ラブグラ」を服用する際の注意点

chui
感じやすくなる薬として注目されている女性用バイアグラ「ラブグラ」は、実は注意しなければならないことが多いのが特徴です。

注意しないと薬の効果が出にくかったり、副作用が起こりやすくなったりとトラブルが多くなります。

具体的にどんな点に注意すれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

ラブグラを飲むタイミングは?

ラブグラは飲むタイミングが非常に重要で、セックスをする1時間前に服用しなければなりません。

薬を飲むと40分から1時間ほどで効果が現れてきて、4〜6時間持続します。

ただセックス前に飲めば良いというわけでもなく、実は食事の影響を受けやすいという性質も持つのがラブグラの特徴です。

ラブグラは空腹状態で飲むのが最適なので、飲む前の1〜2時間は食事をしないようにしてください。

ラブグラの注意したい副作用

ラブグラは医薬品なので、副作用が心配…という人も多いですよね。

副作用が全くない薬はなく、ラブグラも血管拡張作用から頭痛や鼻詰まりなどが起こる場合もあります。

しかし100%起こるわけではなく、心配要らない可能性の方が高いので不安になりすぎないようにしましょう。

もし副作用で苦しいと感じた場合には、セックスを楽しむどころではないので服用をやめてくださいね。

ラブグラと飲み合わせが悪い薬

ラブグラは相性が悪い食べ物や薬があるので、把握しておかないと副作用のリスクが上がります。

まず薬と併用を避ける代表的な食べ物のグレープフルーツは、ラブグラの効果を必要以上に高めてしまうのです。

他には降圧剤なども飲み合わせが悪いので、手持ちのお薬手帳を確認してから服用してくださいね。

ラブグラを飲むときには水かぬるま湯で服用するのが、最も適した飲み方です。

感じやすくなる薬は精力剤とどう違うの?

tigai
感じやすくなる薬と聞くと、バイアグラよりも精力剤を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ラブグラは精力剤とは違うの?という疑問が多いのですが、実は似ているようで全く違います。

ラブグラを飲んだからといって、性的な興奮が高まるわけではありません。

ラブグラで感じやすくなったところで、パートナーから触れられることで初めて体が高揚してきます。

精力剤は性的興奮はしてくるものの、濡れにくさや挿入時の痛みなどを軽減するわけではないのです。

表面上だけでなく、心から満足できるセックスをするためにはラブグラがお勧めなんですね。

まとめ

ラブグラという薬について、効果的な使い方や副作用などを詳しくご紹介してきました。

感じにくく濡れにくい、挿入された時の痛みに悩む女性は多いものです。

ラブグラを服用すれば血管を広げて血流を良くするので、刺激に敏感になって感じやすくなります。

効果的な使い方はセックスの1時間前、空腹時に1日1回だけ飲みましょう。

副作用に注意しながら、飲み合わせなどにも気をつけて飲むのがポイントです。

大好きな人とのセックスを楽しめるように、ラブグラをうまく使って燃えるような感覚を取り戻しましょう。

ラブグラの公式サイトはこちら

PB00000031-banner

独占特集使用バナー